Jazz rock guitarist Larry Coryell

rock to jazz

 1960年代にラリーコリエルは自身のバンド、フリースピリットを結成して活動を始めたのである。左の写真はその後のゲーリーバートンカルテット時代の物である。

 このゲーリーバートンカルテット時代にはジャズ界にロックイディオムを大胆に導入して!具体的には従来のジャズギタリストでは御法度のベンティングを超えた当時では強力なチョーキング!フルアコギターにファズボックスを接続してロックギター顔負けのディストーションサウンド!ワウペダルの使用に!ジミヘンドリクスと張り合う位のフィードバック奏法!モード奏法を早くから取り入れてフリーフォームなギターフレーズを弾いていたのである。

 尚、ゲーリーバートンカルテットはジムホールの、チコハミルトンクインテットはガボールザボの後継者として活躍していた。この時代は使用ギターはギブソンのスーパー400であり、この写真ではデアルモンドマイク、シングルタイプをビルトインしている。


1960year

  1944年に生まれたラリー・コリエルは大学時代にジャーナリストを目指してワシントンに行ったのであるがそこでギタリストとしてスタジオミュージシャンとして活動する事に成る。

 ここではあのバニー・ケッセルをして!彼の後継者と成り、その後後輩スタジミュージシャンからスタジオミュージシャンの神と云われる様になるのである。それと並行して自身のバンドであるザ・フリースピリッツを結成するのである。このバンドは1965年結成当時は世界最初のジャズロックバンドであった。

 この2年後にゲーリー・バートンのバンドにジムホールの抜けた後に加入するのである。これにジャズの帝王マイルス・デイビスは先を越されたと思ったであろう!と言うのはこの同じ時期にロック界ではあのジミ・ヘンドリクスがデビューする事が重なっているからである。この事によりマイルス・デイビスは自身のバンドに参加させるギタリストには口癖の様に「お前!ジミ・ヘンドリクスみたいにギターを弾け!」

 この後にチコ・ハミルトンのバンドにガボール・ザボの後釜に成るのである。

その後はソロ活動に移って行くのである。この時生まれたアルバムが名盤スぺイセスであり、マイルスデイビスバンドのパーマネントギタリストのジョン・マクラフリンと共演している。この流れがその後のギターディオのツインハウスやあのスーパーギタートリオに繋がって行くのである。

1970~

 1960年後半からのソロ活動から新たに自身のバンドであるイレブンスハウスを結成する事になるのであるが、ライバルのジョン・マクラフリンがマイルス・デイビスバンドを辞めて自身のバンド、マハビシュヌ・オーケストラを結成しているが、このバンドがバイオリンがフロントに入っているが、イレブンスハウスはトランペットがフロントであり、この辺はラリー・コリエルはマイルス・デイビスのバンド形態に近ずけたと言えるのである。この当時のライブではオープニングにはアコースティックギターソロでその後にギターディエットのツインハウス、そしてイレブンスハウスと進行して行く事になる。そしてスーパーギタートリオを結成する事になるのであるが、当初はラリー・コリエル、ジョン・マクラフリンそしてクラシック界からクラシックギタリストのジョン・ウイリアムスが参加する予定であったのであるが、ジョン・ウイリアムスのスケジュールがクラシックギター・リサイタルに自身のロックバンド、スカイが絡み参加出来なくなる。そこで急遽フラメンコギタリストのパコ・デ・ルシアが参加する事に成る。

 ここでのラリー・コリエルはアコーステックギターに持ち替えて、またギターテクニックもガボール・ザボからレニー・ブローのギターテクニックである所謂レニー・ブロースタイルと言われるパープハーモニックステクニックを大胆に導入している。

1980~

 この1980年代はラリー・コリエルにとっては変革の時になる。1970年後半からアコースティックギターを弾いているがこの時辺りからアコースティックギターの比重が大きくなるのである。