electric guitar & amplifier structure

eiectric guitar structure

  前項ではギター全体の構造についての記述であったが、今回のこの項に於いてはエレクトリックギターのエレクトリック及びそれに影響を与えるであろうウッドマテリアルについての考察である。エレクトリックギターの歴史に於いてその最初期の創造者はそれこそ諸説が存在していて、全てをここでは取り上げる事など出来ないであろう。当初エレクトリックギター所謂一般的な呼び方はエレキギターであるが、最初のエレキギターは所謂フルアコでジャズで使われるギターにマグネッチックピックアップを取り付けた物である。当時のこのピックアップはリッケンバッカ―社の物であた。これはスティールギター用の物である。その後ピックアップ各社から生産されてその代表的な物がディアルモンド社である。エレキギターを最初に製品化したのはギブソン社でありそのピックアップはチャーリー・クリスチャンマイクであり製作者はセス・ラバーである。

 エレキギターに於けるエレクトロニクス動作原理

株式会社 リトーミュージック エレクトリック・ギター・メカニズム [完全版]

この教科書の50ページ3列目の14行目にはこの様に記述が有る「ギターのピックアップから出てくる音声信号も、やはり交流である。周波数はAC電源の交流に比べると高く、数10Hzから数10kHz程度である。」

エレクトリックギター

 エレキギターに於ける電気信号はここでの教科書「株式会社 リトーミュージック エレクトリック・ギター・メカニズム[完全版]」によるとマグネッチックマイクによる所の電気信号である電流はここでは交流電流とされているが、本当であろうか?

 知らないで「ボーと生きているとチコちゃんに叱られる」って事に成りそうだ!

  •  私は素人なので判らないが、エレキギターの電気信号が交流電流であるならば、エレキギターのシールドケーブルを例えば一般的な5mではなくて、50mや100m処か1km伸ばしても送電出来るに違いない。私が思うに現実の世界にエレキギターのシールドケーブルをそんなに伸ばして延長した前例は存在していない。とは言ってもかの泉谷しげるはこのシールドケーブルを20メートル程伸ばしている。こんなに伸ばしたなら信号ロスが気になる所である。エレクトリックギターはピックアップマイクにより磁界所謂マグネッテックフィールドが起こりその磁界をエレクトリックギターのストリングス弦を弾く事によりこの磁界を切り裂く事となり電気信号即ち微弱な電流及び電圧が起こりシールドケーブルを通りギターアンプリファイアーに行く、一般的にはこの信号はインピーダンスが高く外部ノイズに対して影響を受け易くなり、このノイズを防ぐ為に各メーカーがシールド対策をしているのである。この場合例外が有り例えばギブソンのレスポールレコーディングモデルはピックアップがローインピーダンスで外部ノイズの影響は粗無いと言えるのである。ここではこのローインピーダンスピックアップは割愛する事とする。
  • 我々の生活空間所謂この自然界に於いては電気の存在は雷に代表される様に直流電流であるがこのニコラ・テスラにより交流電流が発明され、三相交流および二相交流等の交流発電機の発明があるが、所謂ダイナモ回転整流器等存在するのであるが、この原理とエレクトリックギターピックアップマイクは共通項がありギターマイクは本体は動作しないがマグネッテックフィールドを切り裂く事でマグネットとコイルの回転動作発電と共通の電気信号を生んでいる。しかしながら例えが非常に悪くギターマイクに最も近い動作はオーディオシステムのブラックディスクプレーヤー所謂アナログレコードプレーヤーのカートリッジ!これにはMC及びMM等存在しているが、中でも最も近い動作をしているカートリッジはアメリカの老舗オーディオメーカーのグラド社の特許技術!「マアMCカートリッジもグラド社の特許技術であるが、カートリッジのリード線の色別等もこのグラドの発明ではあるが!」このグラドカートリッジのFB型がギターマイクの発電動作と共通である。MCカートリッジはムービングコイルの発電であるが、MMカートリッジはムービングマグネットの発電である。それに対してFBカートリッジはこれもグラドの特許技術であるが、針先にマグネットやコイルと言った質量の高い物質を採用せずカンチレバーにマグネットとコイルの発生した磁界を切り裂く円盤状のパーツが有りこれにより磁界を切り裂いて発電している。
  • このカートリッジとギターマイクが動作的にはそっくりであり、その違いは電位の問題即ちアースの取り方である。オーディオ機器のアナログプレーヤーはアームコードにアースコードがありアースを任意のオーディオアンプのアース端子に接続するのであるが、エレクトリックギターはギターブリッジにアースを落とし所謂弦アースとしているのであるが、その問題点は弦アースと言う事は言うなればギタリスト自らの人体をアースとしているその為にアース電位が不安定でありエレクトリックギターの動作環境は好ましいとは言えないのである。

エレクトリックギターケーブル

 次に問題点にあげるのはシールドケーブルである。一般的にはディストーション所謂音の歪みであるが、これはギターアンプ側の責任と思われているが、このシールドケーブルに於いてもその歪みディストーションは確認されているのである。この問題は以前から存在していて、ベルデン、ノイマン、ウエスタンエレクトリック、ベル研究所等が問題に取り組んでいるが、この問題は近年に成って解決したと言える物である。このケーブル内に於いての伝送理論は楽器業界の技術はオーディオ業界より残念ながら遅れており優れたオーディオメーカーがオーディオケーブルを開発しているが、しかしながらケーブルに於ける構造理論を正しく認識しているメーカーは少ないと言えるのである。ここに訳の分からない感性や聴いてみて、これで「いいや」みたいな単に聴いた本人だけが了解できると言う感覚だけで違う要因が加わるとまた変化してしまう事に成りかねないケーブルが存在しているのも事実である。

 と言う事で、私が認めるケーブル理論は以下の通りである。即ち電気工学的観点から見た構造理論を基盤にしてケーブルを考察すると、ここに2つのオーディオケーブルメーカーが存在する事に気が付くのである。

 1つは、1970年代にモンスターケーブルをスピンアウトした天才オーディオケーブル設計者のブルース・ブリッソンがいる。彼がこのモンスターケーブルに在籍中に設計開発した特許技術にバンドワイズスバランス、タイムコレクト構造の原型を提示してあのショットガンケーブルを世に発表している。その構造理論はと言うとケーブル内部を3ウェイにして、低音、中音、高音に於けるフリーケンスに於いての伝送スピードのにがいを無くす為に各ケーブルの長さを変えて、伝送スピードを統一して位相情報を正す事により、ケーブルに於ける位相の乱れを無くしているのである。彼はこの特許技術をこのモンスターケーブル社に置き土産として退社して自身の理論を体現すべく会社を設立したのである。それがMIT(ミュージックインターフェイステクノロジー)である。彼は利益を殆ど全て研究費即ち、測定器に費やしており3億5千万円程でテクトロニクスで自身のオリジナルカスタムインストルメントを完成させている。同時期に音楽信号を科学的な見地から客観的に判断する為に、この音楽を位相特性、ステレオイメージからサウンドステージを細分化して音色などと言う曖昧な表現を排除して、すべての音楽信号をまるでノイマンのゲーム理論の様に数値化する事により、オーディオケーブルを、全く音、音楽その物を聴かずして、客観的に、コンピューターでシュミレーションして設計する事に成功しているのである。これにより情報の非対称性は粗無くなったと言えるのであるが、まだ開発の手は緩めないのである。

 もう1つはやはりモンスターケーブルをスピンアウトしてライブワイアーを製作し、其の後社名を変え、オーディオクエストとして今日まで存在している。このケーブル理論としては、オーディオケーブルがその径が太ければ太い程その外側を高音が速く伝送して低音は中即ち内側を遅く伝送する。この事によりそこに位相歪みが存在する事になってしまうのである。


エレクトリックギターアンプ