Classical guitar Antonio de torres&stradivari

上の左側がフランシスコ・タレガでありその右側にはアントニオ・デ・トーレスその人である。

 このアントニオ・ストラディバリはあのニコラ・アマティの下で弟子として所謂チェロ属を製作しており中でも最も重要な仕事はバイオリン製作であり名器の誉が高い物である。しかしながらギター製作と言えば、現存している個体は5本であり、内使用出来る個体は1本である。この位置付けは、所謂バロックギターと呼ばれる物で6コースギターである。この後に所謂今で言う19世紀ギターへと続くのである。この19世紀後半に同じアントニオでも、ギター製作のアントニオ・デ・トーレスが登場するのである。その19世紀にはラコートが登場しまたパレルモがギターにメタルマテリアルのチューニングペグを登場させたのである。



antonio de torres

 この個体はフランシスコ・タレガの自身が使用したギターであるトーレスであり恐らくは現存している個体でも後期の物で、レオナであると思われる。その上の個体は所謂19世紀ギターの流れを汲むギターである。

antonio stradivari

 この個体はストラディバリ製作のギターであり所謂サビオナリと呼ばれているギターである。1679年製作である。このボディ内部には彼のアンドレス・セコビアのサインが成されている。

 このストラディバリが製作したギターの総本数は定かでは無いが、現存している個体は5本と少ないのである。

 このサビオナリは現存している唯一の使用するに耐える個体であるという。

guitar & violin

 この係員が手にしているギターこそはアントニオ・ストラディバリ製作のサビオナリである。

 その他のバイオリンは言わずと知れたスタラディバリオスである。そしてその本来の音は千住真理子氏が所有している個体の様に全ての弦を羊腸弦、現在もプロテニスプレーヤーが使用している物であるが!この羊腸弦こそがその豊かなバイオリンのサウンドを得る事が出来るのであるが、ギターで使用されている様なスティール弦を使用していてはその精度の高い豊かな倍音オーバートーンを得る事は出来ない物である。



 上記に於けるアントニオ・ストラディバリの製作したギターであるサビオナリであるが、これは所謂バロックギターでありマシンヘッド所謂ペグが10個付いており、その事から10弦を使用した5コースギターであるはずである。しかしながらギター弦は9本しか張られておらず、本来の5コースギター、バロックギターの程をなしていないと言えるのである。この個体サビオナリはこの内部にあの偉大なるクラシックギタリスト!アンドレス・セゴビアのサインが存在しているのであるが!と言う事はこの個体は1679年製作の楽器である事を踏まえると、1920年以降に分解された事を示唆している物である。この手の所謂バロックギターはサウンドホールに造形模様のロゼッタがあり、通常のギターとは違いサウンドホールから手をいれてサインを書く事は不可能である。因ってこの個体は分解修理、下手をしたら改造モディファイドされてしまったかもしれ無いのであるのだ!

 故意に一弦のみが単元になっておりトレモロ奏法が安易にしやすくなっており、これは故意に本来のバロックギターの伝統的な奏法を無視した改造と言える物である。この様に、物理的に、歴史的考察を加え、考古学者的に分析しなければ真実は見えてこない物であるといえるのだ!と言う事で、もしかすると、この個体以外の4本こそが、本来のバロックギターの程をなしているギターなのかも知れないのである。