Brazilanmusical guitar music&sound

エイトル ヴィラロボス

 

エイトル ヴィラーロボスはブラジル音楽の父と呼ばれていて

またブラジル音楽のバッハとも呼ばれている。

近代ブラジル音楽はここから生まれたと言っても過言ではないのである。数々の作曲をしているが中でもギター曲は素晴らしくアメリカのジャズギターのコード所謂ジャズコードの創造に対してもその影響を与えているのである。

そしてボサノヴァの創始者のアントニオ・カルロス・ジョビンもこのエイトル・ビラーロボスの影響を受けているのである。

 

 

classical music

 1928年のアンドレス・セゴビアのアメリカ合衆国に於けるコンサートは現地のギタリスト全てに影響を与えていて、それはジャンルを問わず聴く者を圧倒している。その後の活動からジャズギタリストにまで影響を与えていて、このエイトル・ビラーロボスの曲目から今日のジャズギターコードが作られていくのであるが!当時のギタリストのエディ・ラングを始めとするギタリストがその影響下にあるのである。


 このギタリストはヴィラーロボス弾きで名高いジュリアン・ブリームである。

使用ギターはホセ・ロマニニョスである。

jazz & bossa nova

 ブラジル音楽の代表的な音楽であるボサノヴァはアントニオ・カルロス・ジョビンが作曲しこのジョアン・ジルベルトのギター演奏により世界的なブームに成ったと言っても過言ではないと思います。

guitarist

エイトル・ビラーロボス

アントニオ・カルロス・ジョビン

ジョアン・ジルベルト

バーデン・パウエル

ルイス・ボンファ

ボウ・セテ

トッキーニョ

エドゥ・ロボ

マルコス・ヴァーリ

ギンガ

ヤマンドゥ・コスタ

ローリンド・アルメイダ

エグベルト・ジスモンチィ