Jazz Guitarist Pat Martino music & sound

パット・マルティーノの革新的ジャズインプロビゼイション

 当初ギターの教師はパットの弦がよく切れるので、ピッキングを変える様に指示したのだが、納得できないパットはフィラデルフィアにライブコンサートに来ていたレス・ポールに助言を貰ったという。レス・ポールはパット・マルティーノに対して、そのスタイルはオリジナルであるので、そのままの演奏スタイルで変える必要は無い。と言った様である。

ここにパット・マルティーノの代名詞になっているマシンガンピッキングというか、速射砲の様に速く且つ力強い正確無比なピッキングタッチが完成された。

 ウェス・モンゴメリーのサムピッキングから奏でられるオクターブ奏法はピックを使用する一般的なピッキングタッチでは不可能とされる分厚いサウンドをパット・マルティーノは固く分厚いピックを使い、1弦が0.16から6弦が0.56という普通一般的には考えられないウルトラヘビーゲージで、0.16ゲージと云えば、普通は3弦当たりのゲージであるのだが、これを淀みなく一気に弾きまくる感じがする。アンプはローランドのジャズコーラスJC-120を使用しているが、デビューした当初は、信じられない事に、マーシャルアンプにギブソンレスポール1956年モデルをプラグインしていたとう。今でもセパレート(ビルトインアンプという意味では無くヘッドとキャビネットの意味)で、マーシャルのキャビネットを使用している。

 ウェス・モンゴメリーは恐らく黒人初の最も成功したギタリストではないか?

この問いには誰もが依存はないだろう。

 しかし成功したギタリストではあるが故にメインストリームジャズスタイルと

同様に認知されているが、アカデミックなギターでは白人のジャズギターの長いホリゾンタルなフレーズによるアドリブスタイルこそが、オーソドックスなジャズギタースタイルとされている事は言うまでもない。ウェス・モンゴメリーの魅力はハードバップに於ける黒人特有のリズムのり所謂グルーブ感であるだろう。

 ウェス・モンゴメリーの代名詞トレードマークであるとされるオクターブ奏法はウェス・モンゴメリー以前では、ジャンゴ・ラインハルトや女性ギタリストの草分け的存在のメリー・オズボーンは既にオクターブ奏法を使用していたのである。 ウェス・モンゴメリーのオリジナルテクニックはその延長線上にあるダブルオクターブ奏法である。 そして黒人特有のシンコペーション、タイム感による語法とそのダイナミックなアドリブに魅力が有りその力強さでホーンライクなソロプレイはホーンセクション、及びホーンプレイヤーに負けない存在感である。 ジャズに於いてのギターの立場の問題点としては、1960年の一枚のアルバムから始まったといえる。 ジャズの改革者トランペッタ―のマイルス・デイビスが発表したマイルス・デイビス本人の口癖(凄い皮肉家だ!)ソーホワット(邦訳 それが如何した)である。このアルバムはジャズ界初のモード奏法であるが、ギタリストはモード奏法には対応が遅れているといえるのだ。ウェス・モンゴメリーは1960年代にデビュー当時のパット・マルティーノと同じステージ上でセッションをし、年下の(当時はまだティーンエージャーの)パット・マルティーノから影響を受けたという、勿論パット・マルティーノはウェス・モンゴメリーのファンであったのでお互い相乗効果を発露したのではないのではないかと思われる。 黒人特有の語法を持つウェス・モンゴメリーと白人的なパット・マルティーノではその歌心は違うであろう。 パット・マルティーノは後にウェス・モンゴメリーのトリビユートアルバムを制作している事でも分かるとうりウェス・モンゴメリーの影響が大である。依ってウェス・モンゴメリーのナンバーではお互いの語法の違いが分かりずらくなってしまうし、モード奏法に対するアプローチが判り難くなってしまうのは意味が無いであろう。 依ってウェス・モンゴメリーとパット・マルティーノが自身以外のナンバーでお互いが演奏している共通のナンバーで比べるとするしか無いだろう!
 

そこで前途のマイルス・デイビスと並ぶ名曲、ジョン・コールトレインのインプレッションズがこれに該当するであると思われるのだ。

 最初はオリジナルのジョン・コールトレインのインプレッションズである。

 次にウェス・モンゴメリーのインプレッションズのライブであり次にスタジオ録音である。ここでは、ウェス・モンゴメリーはメロディーラインに

Ⅱ-Ⅴの経過音パッシングノートを加えたアドリブを展開している。

 しかしながらこのⅡ-Ⅴから脱皮していないと言えるであろう。

このスタジオライブアルバムは私が聞く限りに於いては、前記のライブ演奏とは少々違いよりモード奏法に近ずいているのが判るのではないだろうか。これは明らかにこのライブ以前のパット・マルティーノとのセッションで真面に影響を受けてしまったのではないだろうか!

 次にパット・マルティーノのギターであるがウェス・モンゴメリーの影響が見え隠れするがインプロビゼィションは明らかにモーダルである。このパット・マルティーノの出現によりモード奏法がギターの手法になったのである。モード奏法がギターのテクニックになったのはパット・マルティーノの出現を待たなければならなかったとも言えるだろう!

 それは例えば、マイナーコンバージョン、スケールアウト等であるが、ここまで行くと、ギターは他の楽器を凌駕してしまったといえるのである。

 最後のバージョンがスタジオ録音であるが、他はライブバージョンである。

 最近のパット・マルティーノは自身の造った前途の理論をも超越してしまったといえるのである。

 

 知る人ぞ知る!jazzguitarのカリスマ、ジャズギターの歴史上最も高い音楽性と最も優れた技術力で他のギタリストを圧倒しているギターマニアの間では、言わずと知れた、ギター界の神が尊敬する神が憧れるザ・メーカー、パット・マルティーノである。 この演奏では、元マイルス・デイビスバンドのギタリスト、ジョン・スコフィールド(マイルス・デイビスバンドでは、ガンガン弾きまくっていた彼が、全く弾けなく、指が動かないでいる様に見えるが、実際にはそんな事は無いとは思うのだが。)が圧倒されている様に見えるのである。どうもピッキングタッチがパット・マルティーノと比べると弱い気がする。とは言っても二人共私の所謂マイフェバッリツギタリストである。しかしながら見返して見ると、パット・マルティーノとジョン・スコフィールドとの徹底的に違うのは恐らくはリズムの乗り所謂グルーブであろう。パット・マルティーノの8分音符の止まる事が無い様なシームレスシングルノートラインフレーズでグルービィにそのエネルギーを放出するギターワークで、片や少したどたどしい様なつっかえる乗りで改めて聞いても全く次元が違う演奏スタイルであった。

改めて考えるとパット・マルティーノのギターワークはチャーリー・クリスチャン以来の伝統にうらずけられた演奏でチャーリー・クリスチャンと共通のリズムの乗りと言えるだろう。

 パット・マルティーノは上記のサニーに代表される様に、ウェス・モンゴメリーのナンバーをよく演奏するがレコーディングに於いても、フットプリンツ、トリビュートトゥーウェス・モンゴメリー等のアルバムを発表する程ウェス・モンゴメリーをリスペクトしているのが判るがギターを弾き始めた当初は、レス・ポール、ジョニースミスの影響下にあったのだが、パット・マルティーノの父親のミッキー・マルティーノ(アザラ)が同郷のギタリスト、ジャズギターの開祖エディ・ラングにギターを教わっていたというがこれが原点であろうと思われる。この事からも判る様にパット・マルティーノのギタースタイルは実に伝統に根ずいたスタイルと云えよう。